ことの全ては僕の責任

あの人の気持ちも分からないではない。

 

僕はたかが零細IT会社だったのに無理して、

身の丈に合わない数千万もの借入れを信金や銀行から

して返済の目処が立たない上に事業も思うように進まない

プレッシャーからストレスが溜まり、

その結果、超高血圧になり脳血管が切れ

障害者となってしまった。

ある日突然、経済的に苦しい生活を強いられるように

なってしまったあの人やあの人たち僕のことを情けない男と

蔑む気持ちも分からないではない。

 

全ては僕の甘さが原因だったのだと

よく考えてみれば今更ながら理解出来る。

 

現状の酷い人間関係を修復するためには

やはり、たとえ障害者だかといって甘えることなく

経済的成功をするしかないのだろう。

もう55歳だ。こんな身体だけれど、まだ頑張れるかな。

自分でも忍耐には自信があり、前向きに考えることにも

自信があると思っていたけれど、正直そろそろ精神的にも

体力的にも限界かなを感じてきている