自分の生きる苦しみを救ってくれる救済者としての唯一の拠り所は自分だけ

自分を救う事ができるのは

唯一自分だけしかいない
キリスト教やさまざまな
宗教に出て来るような
いわゆる神というような神秘的な救済者
などはどこにも存在しない。
ましてや生身の人間の救済者など
いるはずがない。
半身運動麻痺の苦しみも
半身感覚障害の苦しみも、
激烈な痛みの視床痛も
生身の人間の他人に分かるはずもない。
たとえ心配してくれていたとしても
所詮は他人事
同じ人間出ない限り、
そんな苦しみなど理解できるわけもない
 
だからこそ、
自分を救済できるのは
唯一自分でしかない
自分のよりどころは自分である
だから、この苦しみを乗り越え、
自分を救済するためには
自分を鍛錬しなければならず、
それしかないのだ。