涅槃とは

涅槃とは一切の煩悩から解脱した 

状態であるため、煩悩に苦しめられる事が 

なくなり心が安寧すると 

釈迦は言っているけれど、

煩悩とは言い換えれば執着(しゅうじゃく)を

意味し、その執着をなくすことが

煩悩をなくすことなると言っている

 

その執着とは俗に言う色欲や食欲や

金銭欲のようなものだけはなく、

生存の欲求さえも執着してはならないという

 

それならば、

 

本当に煩悩をなくせることができるのは 

死しかないのではないかと思うのだ

 

確かに死んでしまえば、

 

何の欲求も消え去るわけだから、

全ての煩悩から解放されると

 

いうことにはならないのか

確かに原始仏教では涅槃を

「釈迦や聖者の死、つまり入滅のこと」

を言うらしいから、

やはり死ぬ事でしか

涅槃の境地にはなれないのではないのか?

 

だとしたら、

 

死ぬ事も悪くないと僕は思ってる