不寛容の時代が到来か

アメリカでトランプが大統領選に勝った
これから不寛容の時代が到来するのではないかと危惧する。
アメリカは多民族国家と言われ、

どのような民族でも受け入れるいわゆる「寛容的な国」といわれてきたが
これが大きく変質してくるのではないか
アメリカトランプ候補が勝利したということは、
それがアメリカ人の本音なのだろう。
これまで寛容的であれ
などというキレイ事はもう嫌になったのではないか

ある人が言っていた・・・

アメリカでは
「寛容的であれ」
などというような人ほど

トランプが言っていたようなことや
トランプ候補を支持する人に対して
極端なほど「不寛容」になるのだと・・・
そして、差別的なほど侮蔑するのだと・・


もう道徳などというような
「キレイ事の時代」
終焉したのかもしれない

それは人種間だけではなく
僕のような障害者に対しても世の中は
不寛容になってきているように感じる

世界全体がキレイ事に疲れてきたのではないか

実は白人(特にアングロサクソン)は

本音のところは、ヒスパニックも黒人も大嫌いなのだろう。
日本人のことなんてやはり黄色いサルくらいにしか

本音のところは思っていないのではないかと思う


僕の身の回りでも
アメリカは多民族国家で慣用的な国だと
いわゆるアメリカナイズされていた人が
僕が障害者になった途端
その本音が出たのか、
極端に不寛容になってしまったのを感じている

 

 

実際のところ、今年の夏にも日本で
相模原で障害者施設殺傷事件というものが起こってしまった
この犯人は
『障害者は社会的に不要な存在だから死ぬべきだ』
などと言っていたという


この事件などは
世の中が不寛容になってきている証ではないか

それに、以下のようなスレッドが2ちゃんねるに立っているのを見つけた


障害者は死ね 

 

これはまさしく健常者の本音なのだろうと思っている

まさに
そして残念ながら

 

「本音の時代」であり

「キレイ事の時代終焉」

 

なのだろう

安倍政権になって、女性活躍社会などと
謳っているけれど、これからの不寛容な時代には
怪しいものだと思う


さて、このような不寛容な時代に
僕のような障害者は
どうやって生きて行けばよいのだろう
と考えてみた

 

そうしたら 僕なりの一つの結論が出た

それは僕が障害者になってから
ずっと目標にしていることと一致する


USEFULな人間になるということだ
つまり役に立つ人間」になるということだ


たとえ障害者であっても、健常者よりも「役に立つ人間」になる!


それこそが不寛容な時代を生き残る術なのだろうと思うがどうだろうか


なぜなら、仮に僕は経営者だった場合
「役に立つ人間」であれば
老若男女、人種を問わずウェルカムになるはずだ

 

しかし逆にセクハラだ、パワハラだ、

ブラック企業だ9人種差別だなどと
騒ぎ立てるだけで、権利ばかりを主張して
邪魔をするような連中は必要ない


そういう連中には僕自身も不寛容になるだろう

 

ただし

僕なら寝食を忘れて自分の会社のために働いてくれ

役に立ってくれる人ならウェルカムだ

 

単純なことである
人の役に立ち、さらに社会の役に立つような人間であれば
誰しも不寛容にはしないであろう

 

ただ、それだけのことではないだろうか

だから、引き続き障害者でも健常者に負けないくらい

役に立つ人間を目指そうと思うのだ