死後の世界を信じている能天気な人たち・・

先日も死後の世界なんて存在しない、人間は死んでしまったら無になる。
といった記事を書いたけど

宗教などの信者で、何らかの形で死後の世界を信じており、

天国とやらいう人間の脳は作りだした空想の世界が

存在していると信じている人たちは、以下のようなYouTubeの動画のような

世界を考えているのだろうか?

 

 

 

あのテロを繰り返しているISなどの連中も

こんな世界存在していると信じているのだろうか?

それにしても、そんなことを信じて大量虐殺したり

する連中もアホだと思うけど、また殺されてしまうひと達も

死んでも死にきれないだろう。

 

僕は死ぬということはどんなことか考え始めたのは

やはり脳出血起こしてから再出血のリスクが非常に高く

もしもやもや病が原因で再出血を起こすと

死ぬ事は免れないだろうというようなことを

知るようになってから、かなり本気で死ぬという事は

どういうことなのか考えた結果、

「無」であるという結論にたどり着いたのだ。

しかも幸い、脳に関する病で倒れたことが起因して

脳に関して自分なりに勉強をしながら死について考えたとき、

どう考えても「無」という結論しか出なかったのだ。
 

それにしても、前述のような動画のような死後の世界を

を考えているのなら、馬鹿らしくなってくるのだ。

尊大存在もしない世界を

勝手に空想をして喜んでいるバカに見える

というのが、僕の本音だ。