死後の世界はない。死んだら無になる

死後の世界は存在しない、死ねば魂は無になる」

 

これはあの有名な身体障害者の物理学者スティーブンホーキング博士が 

 

2011年に発表した言葉ですが、前回の記事に納得しておられない方も

 

おられると思いますので紹介しておきます。

 

彼はこのように言っています。

 

「宇宙創造の理論において、もはや神の居場所はない」

 

そして

 

「脳はコンピューターのようなもの。部品が壊れれば動作しなくなる。壊れたコンピューターには天国も来世もない。天国は、暗闇を恐れる人間のための架空の世界だよ」 

とも断言しています。父

 

や僕はこの考えに賛成であり、

 

普通に考えて納得できる論理的な考え方だと思っています。

 

世の中には不思議な体験をしたという人たちが数多くいますが

 

それらの人たちのほとんどは人間の脳が作った

 

妄想を見ているに過ぎないのです。

 

そしてそれはおそらく死ぬという恐怖、あるいは暗闇という恐怖から

 

逃れるために脳が作り出した幻覚にすぎないのです。

 

そんなことを信じていると悲劇が来ると考えています。

 

なぜなら,

 

人間の歴史に記録されている世の中で

 

最も極悪で残酷な罪は宗教という名の下に行われている

 

 

という厳然たる事実があるからです。

 

現に、現在でもISという組織の連中は脳が暴走した

 

自分勝手な妄想にとらわれて、極悪で、残虐な行為の限りを

 

やり尽くしているではないか。

 

すべては人間の死ぬことに対する恐怖から逃れるための

 

妄想から生まれた悲劇だと思う。

 

自分だけは死んでも永遠の魂が残っていたいという

 

誠に身勝手な妄想から残虐な行為に走ってしまうのだろう。