人間、走る必要なんてほとんどないのかも・・

脳出血で半身不随の障害者になってから、この6年

よく考えたら、一度も走っていないのだ・・



だって走れない身体だから・・当り前か


それにしても健常者の頃、僕はよく走っていたと思う

元々体力には自信がある方だったし

脚力もそこそこあった

仕事にしてもフットワークが良かったと思う。

そのせいか、よく走っていたと思う


でも、この6年全く走っていない・・

振り返っても走る必要もなかったし

そもそも走れない身体になったから

走れないことを前提に行動するし

スケジュールも組む

東京に出張など行くときには

事前にほぼ全ての行程(歩く道や場所)を

イメージトレーニングする。。

そしてすべての行程の時間をできる限り正確に予測する

その上で、50%近くの時間の余裕を取る

そんな風に自分なりに工夫してきた。

これまで大変だったのは

予期せぬ尿意くらいだ

これがまた大変だった記憶がある。。苦笑

どんなに膀胱が破裂しそうになったとしても

お手洗いに走ろうにも走れないのだから・・

ひたすら我慢するしかない


それくらいしか走れないことによる

困った事は思い出せない。


その他の事はほとんど

事前に予測できるから(予測して行動を計画していた)のだろう。

慌てて走る必要に迫れて困った記憶がない


例えば、電車が遅れても

遅れたと分かったときに、事前に訪問先に事情を説明し

遅れる旨を伝え、遅れて良ければ、遅れるし

ダメなら次の機会にとお願いすれば何も問題は起こらない。

良く考えてみたら、健常者のときは

電車が遅れても、何とかなるかも・・といい加減な気持ちで

タカをくくって、何もせず、

直前になり、慌てふためいていたような気がする。


こんな風になってみると慌てて走っている人が

なぜ走らなければならない状況になるのか

不思議になる

単に準備不足とか

予測が甘いだけじゃないのかなって

最近感じるのだ。。

そして

人間、よほどの想定外の事が起こらない限り

一生のうちに走る必要なんてほとんどないのかも・・ってね