脳の損傷による痛みって・・

先日、久々に東京に上京してとある企業に行くとき結構歩いた

といってもせいぜい1.5キロくらい

でも僕にとっても地獄のような距離だった

歩けば歩くほど麻痺側の左脚が痺れてきて、

後半はほとんど感覚がなくなり、

足がどの方向に向いているのかも分からなくなり、

盲人用のタイルの2CMほどの出っ張りにつま先が引っ掛かり

転倒しそうになった

でも。。

この左足の猛烈な激痛と痺れ・・

左足には何の問題も起こってないんだ


損傷した脳が勝手に痺れと痛みを(たぶん幻覚のように)

感じているだけ・・


それが分かっているから


左足に猛烈な痛みと痺れは感じていても

心の中では

これは幻覚・・

これは幻想・・

左足には何の問題も起こっていない・・

だから休むな・・歩け!

と言い聞かせ歩き続けた

それでも

感じている猛烈な痛みと痺れせいか


額からは脂汗が噴き出していた・・

脳の損傷により

身体に痛みを感じるなんて

面倒くさい身体だ・・