すべての苦しみは自己が原因

自分が苦境や苦しみに陥った原因を

人は外部(他人や自分の環境)のせいにしがちだ

あいつのせいで、・・

政治のせいで・・

生まれた環境のせいで・・

でも、それは違うと思うようになった

「外部のせいで・・」とか

「あいつが悪い、憎い」と思う心が

自分を苦しめているだけなのだ。

すべての苦しみは自己が原因である・・

と・・



自己が変われば苦しみも消える・・

そう思うえば、憎しみも怒りも消える

憎しみや怒りの炎は、自ら消さなければ

自分自身をも焼き尽くしてしまう