できないことはあるけどやれない事は何もない。

今回の信じられない会社の倒産劇のおかげで

僕はある自信を持った・・


この半身不随の身体で

倒産寸前の時期に会社の債権者会議に


ヘタレの社長の代わりに
(無理やり委任状を書かせ)

一人乗り込んだ。


事前に特急で片手で

20ページもの資料を3日で作成して

乗り込んだ

結果、あまりにも「ヘタレ社長」が

ずさんな行為をしていたので

解決には至らなかったが


この身体で

堂々、債権者会議での責めを一身に受け、

それなりに

主張?(打開策)を提示でき話もした。


結果失敗に終わったが、

この「事件」は僕に大きな自信をもたらした。

身体は痛み、不自由だが

健常者並みに

修羅場を渡ることができたことだ。

それは

この身体でも気持ちが本気になれば一丁前に仕事ができるんだ

という自信である。

もう誰にも負けない。

僕は障害者、半身不随で左半身は動かないから

できないことはあるけど、障害者を理由にやれない事とは何もない、

だから、やらないとは言わない。

できないことはあるけど、工夫すれば99%の事はできる


(例えば左手で右肩を掻くとか左手で野菜を刻むとかできないけど

左手で右肩を掻けなくとも、工夫すれば右肩は掻けるし、

左手で野菜を刻めなくとも、他の方法で、工夫すれば野菜は刻める)


そんな自信がついた。。

だから何でもやる!