政府が原発推進する理由が理解できる記事


政府が原発推進する理由が理解できる記事を見つけた!


原発推進する理由として


電力会社が儲かるしくみ

だからとか

原発ムラ」の「利権」

だとか

原発は安定出力電源

だからだとか

聞いているけど、

僕は何か違うと思っていた。


なぜなら

例えば、、

電力会社が儲かるしくみ

という理由については

たとえ、電力会社が儲かるしくみになっていたとしても

今回の福島原発の事故を考慮すれば

政治家なら、脱原発に舵を切らざる得ないはずだからだ・・


次に

原発は安定出力電源

だからと言う理由については

前記事にも書いたし、これまでも何回も書いたけど

超大型蓄電池で不安定電源は安定化するし、

既にその技術を開発している企業もあるのだから

政府が本気になって原発を建設する程度の莫大なコストをかけ、

本気になれば、できないはずはないと


マスコミ連中は「利権」という言葉を使い

何か巨悪な人間か企業が

利益を貪っているように
書き立てるけど

そんなものは存在しないと僕は思っている

原発ムラ」の「利権」とは

僕は正しくは「利権構造」だと認識している。

共産党などはゼネコンとかが

その「利権」を貪っているかのよなに悪の化身のように叩くど、

「利権構造」とは

そんなものではないと僕は私は思っている。

でも、

確かにこの「利権構造」は壊しにくい一面があるとは思う。

なぜなら、「利権構造」とは、

例えば

原発の場合で考えると、

原発建設のために必要な各種部品や部材、ボルトやネジ一つでも、

それこそ零細企業が請け負っている事が多々あると思う。

大きな設備になればなるほど、

たくさんの

そういった真面目にコツコツと頑張っている零細企業の町工場に

部品を発注しているケースがあると思う。

これが「構造」だと思う。

だから例えば原発をやめると、

たくさんの真面目にコツコツと頑張っていた零細町工場

食っていけなくなり、自殺者まで出す・・・

というような事にもなりかねない。

だから簡単に「利権構造」を壊すことができない・・

というのは分かる

それでも、今回の福島原発の事故を考慮すれば

方向転換し

原発は推進すべきではないという判断にしかならないと思う。

にも関わらず、原発推進するのは何か他に本当の理由があるのではないか

と思っていた。

政治家さんたちが

本当に原発以外に安定化電源はないと思っているとか・・


それが以下のブログサイトの記事ではじめてよく理解できた気がする。

http://blogs.bizmakoto.jp/taka_taka_hello/entry/7530.html


プルトニウムだったのか!

日本は準核保有国なのだ!

それならわかる!

けど

日本の政治家

憲法9条や非核三原則がある限り

口が裂けても言えないな・・(-.-)


こんなユートピアにでもいるかのような

ファンジー憲法と原則は1秒でも早く撤廃した方が良いと思うな