針の穴か、蜘蛛の糸か・・・

今、僕は窮地である・・

その窮地からの脱出のために

ありとあらゆる手を講じている


と言ってもこの身体である

動くに動けない・・

僕には情報しかない

そして、こんな身体でも生きて

いける方法について

無い知恵を絞るしかない

普通の(健常者の)ような求職活動をしても

負けるのは目に見えている


ならば


自分でこの身体でもできる商売を考えるしかない

世の中、若い連中は

安易に(不労所得を目的に)

ネットビジネスにいそしんでいるようなヤツも多いけれど

その999.99%はダメに決まっている

なぜなら、所詮は錬金術(米国のウォール街の連中が作ったような)

詐欺まがいの金融工学という名の詐欺商法に過ぎないから

世の役に立つものは何もないし、

何の価値も生むわけでもない

そんなものは、いずれ(すぐに)泡となって消える運命だ

だから僕は

以前からの志でもある水ビジネスに向おうとしている。

僕はこれこそがこれからの世界に必要なことだと信じている。

エネルギーよりも何よりも・・だ


人はエネルギーがなくても何とかなるけど、

水が無くなると命がつなげない

水は命の食物の源泉なのだから・・

だから水の浄化技術の普及ビジネスをやりたいと思っている

何もかも失ったのに・・・

中国(ハイアールに売り込む?)やアラブ諸国カタール?)に普及?

自分でもバカだと思う。

それこそ、

そんな事今の僕には99.999%不可能に近い

分かっている

針の穴を人間が抜けるか

蜘蛛の糸にぶら下がって

人間が天まで登るような事に等しい

と思う。

それでも

その針の穴を僕が入れる大きさまで、こじあけたい

蜘蛛の糸も編んで

僕が登る事ができる強度まで強化したい

いつまでかかるかわからないけど

それまでに命途切れるかもしれないけれど

何もせず生きているよりはマシ・・・

そう思っている