いつの間に・・本当の自分はどこに??

僕は半身不随の障害者である・・・

当り前である・・

もうとっくに障害者になってから6年も経過している・・

特に僕の周囲の人(友人も含め付き合いのある人)にとっては

僕が障害者であるということは

「既知(周知?)の事実」であり

きっと当り前である



その当事者である僕も、

今では左半身不随で不自由である事や

常時、左半身全体が痛みと痺れで苦しいことさえも

当り前?であり、

だから耐えなければならないことも

まるで当り前のように(常時)耐えている。

もう6年も耐えているのだから、

痛みと痺れに耐えることが僕の「日常」となっている



でもだからといって

本当に今の僕が「当たり前」なのか??


ときどき、ふと、、

いつの間に・・・

僕は障害者?になったのだろう


という不思議な感覚になる事がある

え!僕が障害者!?

ごく普通のどこにでもいる

ちょっと体力に自信のある「普通の人」だったはずなのに・・

そしてごく普通の人生を送るはずだったのに・・






いつのまに・・?

いつの間にって・・

2008年11月20午後2時過ぎに

脳出血を起こしたときからだということは


理性では理解できているし

倒れてから今日までのけいかの記憶も

明確にある

でも僕の心のどこかで

いつのまに・・?

と思っている

そんなはずはない

って・・

感じている

そんなとき、とても辛くなる・・

何も感じない左半身・・

イヤホンを左耳に装着しても

装着しているかどうかさえ分からない


床屋で顔剃りしてもらっているとき
額の右からカミソリが左に向けて剃っていくとき

顔の中心を通り過ぎ左側に入った瞬間に

カミソリの感覚が消える・・

え!左側は剃ってるの?

って感じるほど

左側は何も感じない・・

僕は何でこんな風になっているの?・・

そんなはずはない

電車で席を譲ってもらう・・

え!この僕が?・・


僕は体力にも自信があり

譲る側だったはずだったのに

いつの間に・・

そんなはずはない


夢でも見ているのか・・


分かっている

夢ではない

これは現実だと・・


でも

未だにどこかに

(自分の思う)本当の自分が

いると

心のどこかで思っている・・

不思議な感覚だけれども

この感覚に襲われるとツラい・・