痛みと痺れは試練か・・

毎日、毎日、痛い・・痺れている左半身・・

気にすると発狂しそうになる

それでも何かに必死になっていると

多少はまぎれる気がする


いわゆる「無我夢中状態」だ

そんな必死な状況や状態いつもあるわけでも

なくいつまでも続かない

少し気を緩めると痛みと痺れに心が悶える・・


そんな感じ・・

人間・・無我夢中状態」だと

痛みを感じなくなると聞いたことがある

痛みのゲート理論というそうだ。

これは戦場では実証されているらしい

あのD-Day「ノルマンディ上陸作戦」時

ドイツ軍のっ集中砲火を浴びるなか上陸していった

連合軍の兵士たちは

それこそ弾丸の雨の中を

弾丸が自分に当たる確率が極度に高い状況の中

前進せざる得ないじょうきょうだったそうな

そのときたくさんの兵士がドイツ軍の射撃を浴びて

負傷していたにもかからず、

不思議なことに負傷兵が痛み止めを

衛生兵に要求する兵士が少なかったそうだ

それはまるで、兵士の脳(本能)が

「今は痛みに苦しんでいるときではない。

それより、一刻も早く弾丸の来ない場所まで移動しろ」

とばかりに痛みの伝わる回路のゲートを閉じてしまった

のだろうという推測らしい

これが痛みのゲート理論だそうだ。。


つまり、人間、何かに「必死」になると

物理的な痛さえ持感じなくなることができる


ということだ・・


これまでの僕は生き方に「必死さ」が足りなかった

だからこれからの人生、

もっと真剣に「必死に」生きよと

常時痛みを与続けられているのだろうか・・


それにしても常時、必死に「無我夢中」になって

その字のごとく「無我」になれることなんて

そうそうあるものはない・・

まぁとにかく

過去の健常な自分に未練がましく捉われず

まだ来もしない未来に不安におののかず

目の前のやるべきことに必死に「無我夢中」になってやれ!

ということか・・