四苦八苦・・

何気なく使っている「四苦八苦」という言葉に

実は深い意味があった事を最近知った・・


約2500年前に釈尊(釈迦)は


生きることは苦しみに満ちてる

生きることはすなわち苦である。

そして「苦」とは「思うがままにならないこと」と言われ


その代表的な人間の思うがままにならない「苦」として

「生「老」「病」「死」の4つの「苦」があると言われた

ここまでは知っていた。

「四苦八苦」とは

この4つの「苦」に加え、

更に以下の4つの「苦」に人間は苦しむことを言うそうな・・

愛別離苦(あいべつりく) - 愛する者と別離すること
・怨憎会苦(おんぞうえく) - 怨み憎んでいる者に会うこと
・求不得苦(ぐふとくく) - 求める物が得られないこと
五蘊盛苦(ごうんじょうく) - 五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと

これらの苦の原因が自我からくる欲望だそうな・・・

だから自我をなくせば、これらの苦からは解放される

その境地が「悟り」だそうな・・

その自我さえも

本当は実体のない実は存在しないものだ(「諸法無我」という)

と気付くことが「悟り」だそうな・・

「四苦八苦」という普通に使っていた言葉だけど

その本来の意味するところは深いもんだ・・

でも「悟り」は僕には無理そうだな・・

でも悟ることで今の身体障害の苦しみから解放されるものなら、

悟りたいものだ・・