痛いな・・

痛い・・

いつまで痛いんだろう・・


ずっと痛い・・


歩くのだって

自宅の階段上るのだって

右手で手摺を掴まって

一歩、一歩

足元を目で見ながら

足が一段上がったことを確かめないと登れない

まるで90歳近い年寄りのよう・・

何より痛い・・

いつまで痛い

どこもにも傷も腫れもないのに

痛い・・


何より痛かったのは

昨夜、息子に

泳ぎを教えて欲しかったな

そしていっしょに泳ぎたかった

って

言われたとき

心が痛かったな


僕が昔、水泳選手だったこと

県大会2位まで行ったこと

息子なりに誇りに思ってくれていたんだろうか

だから突然泳ぎを教えて欲しいなんて言ったのかな

僕だけでなく息子残念なんだろうな・・

でも、もうどうしようもない

それにしても


痛いな・・朝っぱらから・・