本当の味方というものは・・

本当の味方の果たすべき役割は、

間違っているときにも味方することである

正しいときにはだれだって味方になってくれる。

それは

決して「味方の間違いを肯定する」ということではなく

「味方を守る」ということ以外のなにものでもないと思う

「味方(従業員)の間違い」は守ったあとで修正してやればそれでいい

それが社長の仕事だと僕は少なくとも思っていたつもりだ






























-広告-
太陽光発電物件投資