中国で再生可能エネルギーの導入が急成長しているという事実

2013年における中国の自然エネルギーの発電容量は3億7800万kWもあったという
(雑誌 環境ビジネスより)

更に驚くべきことは2013年は太陽光発電についても記録的な成長の年であり、

中国では

なんと1130万kWが新設されたという!

2010年の86万kWから2013年には

なんと1479万kWへと17倍になっているらしい・・
(注:日本の2013年末の累積導入量は、風力が約267万kW、太陽光が約1245万kW)

この数字をみて思うのは

(いつのまにか)日本より中国の方が

再生可能エネルギー先進国」

になってしまっているのではないか

ということだ

振り返って日本をみると

声高に再生可能エネルギー電力全量固定買取制度を民主党がスタートさせたけど

自民党になって原発問題をうやむやにしてしまい

再生可能エネルギーの普及が鈍化しているのではないか

中国はPM2.5による大気汚染の問題等で日本は中国を馬鹿にしている風潮にあるように

思えるけど、

実は中国政府は本当は必死なんじゃないだろうか・・

だから以下の記事のような事が起こるのではないだろうか

http://secret.ameba.jp/ecoshun/amemberentry-11819872044.html

とも思ったりもする


個々の技術いおいてはまだまだ日本が優位だけれど、

なんか最近

日本は日本の技術に驕っているような気がする・・

日本の技術はスゴイ・・という驕りが

将来足を引っ張らなければよいか・・


国民の意識もまだまだ低いように(僕は)感じる・・

驕る日本は久しからず・・

にならなければよいが・・


そうならないためにも

僕も微力かもしれないけど力になれればと思う























-広告-
太陽光発電物件投資