あまりの順調さが怖い・・

今、再生可能エネルギーとミスの浄化の事業がヤケに順調である・・

その順調さが怖い・・

本当に怖いのだ 

それは恐怖といっても良いくらい怖い

僕も人生51年目に入ったばかりだけど・・

この51年でこれほど順調に進みつつ

あったことなんて無かったと言っても過言ではないくらい

だから怖い

順調に見えているだけではないのか・・

そして自分が順調さに驕り始め、

結果、さっそくどこからか見えないところから

崩れはじめているのではないか・・

この僕がそんなに順調に・・?


イヤ!そんなわけがない!

そんな

恐怖に近いものがある

驕り出てくるのが一番怖い

そこから崩れ始めるのは

目に見えているのだから・・

だって脳出血で倒れたときの

最大のストレス原因だと言っても過言

ではなかった銀行からの借り入れの返済・・

そのときの借入れを上回る額の金額がが

たった1回の取引で動くのだ・・

再来週の上京時には、

そのときの借入れの2倍近いの利益さえ

今度立ち上げた会社に出る可能性が出てきた・・

のだから・・

そんな今の状況が怖い


ただ一つ・・順調でないものがある


それはこの片麻痺の身体・・

左半身の不自由と

どうにも我慢のならない痺れと痛みだけは

どうにもならないようだ・・

なんだか不思議なのだけれど

の身体の「苦」がありることが

うまく言えないけれど

「心の安心材料」になっているような気がする

もし今の上京で身体が以前のように

健康体で体力も自信があったらな

それこそ驕り昂ぶってしまい、

足を踏み外しそうで怖いと思うのだ

このブログの記事も


順調なときには

なぜか

書けない・・


たぶん、脳卒以降、障害を負い

苦しい自分をどうやって立ち上がれせればよいか・・

というような

自問自答を書き綴ってきたからなのかもしれない・・

皮肉なものだと思う

先週末には

台風で被災したフィリピンが

今、インフラがボロボロだから

WEBで掲載している

海水の飲料水化装置を使いたいという

オファーまで来た・・

何もかもが

うまく進み始めているのがやっぱり怖い・・