痛みとは永遠に闘わなければならないのか・・

今朝も左半身猛烈な痺れと痛みに苦しんだ・・

再生可能エネルギーの事業がうまく進み始めているのとは裏腹に・・

この身体」だけはどうにもならんし

痛みだけはどうにもコントロール不能・・だ

だいたい痛みと痺れといっても

左半身のどの部分が痛いのかさえわからないのだ・・

感覚障害のせいだろう・・

位置覚まで損傷しているのだ・・


左半身は(疼痛でなくとも)

外部からの針などで刺された場合でも

刺された激痛は感じるが、

どこが痛いのか分からないのだ・・


例えば指先を刺されても

肩に痛みを感じたり、

ひどい場合、足に痛みを感じるときさえある

こうなると自分でも、もう訳が分からない


これだけは経験してない人には理解不能だろう



今朝も必死でこの訳のわからない痛みで心が折れないように

するにはどうすべきか、必死で考えた


結論は・・・


痛みを意識しないこと。。


意識を他に向けること・・


とはいっても

痛いものは痛い

意識なんて他に向ける余裕なんてない・・

このままじゃ心が折れてしまう!

それはマズイと

疼痛がいくばくか和らぐ抗うつ剤をいつもの2倍服用


それでも1時間は痛みと格闘・・

やっと1時間半ほどしてようやく落ち着いてきた

そんな朝だった・・

いつまで続くのだろう・・この格闘・・

死ぬまでか・・

死んだらこの苦しみからは解放されるのかな・・

それにしてもキツイ