久々に泣けた、、

夜間上映で永遠の0「ゼロ」を観てきた

久々に本気で泣けた、、

後半には男性の男泣きの嗚咽し聞こえてきた

原作の本を読んでいる人は分かると思うけれど、

(この記事ネタばれはしないでおきます)


この映画のテーマは

「人間は何(誰)のために生き、そして、何(誰)のために死ぬのか」

だったと僕は感じた

このテーマは

僕が障害者なって生きる意味を失いかけ、

この5年、自分の生きる意味を問いかけてきた

僕自身のテーマそのものだったと感じたから、

長い映画だったけれど

完全に見入ってしまい、

時間は忘れていたし、本気で泣けた。。。

良かった、、本当に・・

思わず、電子ブックで原作を購入してしまった

この映画は男性にはもちろん、

女性の方にも僕はお奨めしたいと思う



>