障害を負って最も怖かったこと・・

僕が脳出血による半身不随という運動障害と

重度の感覚障害からくる難治性の疼痛(視床痛)という

「障害」を負って最も怖いと感じたこと・・

それは、

「いつまで続くかわからない」不自由と痛みと痺れの

「いつまで続くかわからない・・」

というフレーズだ・・

正直それは恐怖だった・・

どんな病気にしろ、怪我にしろ「終わり」はある

癌でさえも最悪「死」という形で終わりを告げ

(死を悲しむかどうかは別にして)

そこで少なくとも「苦痛」は「終える」

たとえ「終わり」が死だったとしても

「苦痛の終わり」には違いない



でも

この半身不随という障害ってやつは、「死」という形でも

終わるかどうかさえも分からない

少なくとも

「半身不随という障害」が起因で死を宣告され、死ぬことはほとんどないだろう

もちろん寿命を迎えて、結局癌や心不全や再脳出血で死を迎えることはある

確かにそのときは僕の「苦痛」は終わる・・

でもそんなのいつ来るかわからない・・

要するに「死ぬまで」または「残りの半生」

この不自由と痛みと痺れ続くのだ

死ぬまで続く・・

生きている限り続く・・


この言葉は当事者にとっては

永久」と限りなく等しい響きである



この世は諸行無常という


そしてすべの事象は移り変わる・・

だから、

どんな苦しみも辛いこともいつかは終わる・・

ともいう

でもこの不自由と痛みと痺れが

生きている限り続き

死ぬまで続くといのなら

少なくともこの僕にとってこの障害は

諸行無常という自然の摂理(ことわり)から

はずれているように思えてならない・・

こういうことを障害を負った当初、僕は感じ取った、、、

そしてそれ(生きている限り続く・・とか死ぬまで続く・・ということ)

は僕に想像を絶する恐怖を与え、

考えれば考えるほど、気が変になりそうなくらい怖くなり

発狂寸前の精神状態だったと思う


でも人間、不思議なもので

もう5年も不自由と痛みと痺れで苦しみ続けると

痛みも痺れ不自由も

決してなくなったわけではないけれど

「耐える」ことができるようになっている気がする。

これは決して「慣れ」とか一般にいう「障害受容」ではない

「慣れて」もいないし、「受容」もしていない

ただ耐えているだけなのだ

たぶんこのままずっと

「死ぬまで」耐え続けるのだろう・・