一切皆苦・・瞑想

一切皆苦・・・

生きることは苦に満ちているとはよく言ったものだ

先週は後遺症の一つのしゃっくりのせいで、嘔吐、嘔吐、吐血・・

やっと治まったと思ったら、

やっぱり左半身の猛烈な痺れと激痛は変わらない・

また、痺れと激痛との闘いが始まった・・

一つの苦が終わっても、また次の苦が待ち受けている

まさに一切皆苦だと感じる・・・

そんな中、、唯一苦から逃れられる瞬間があることに気がついた

それも刹那な一瞬のことだけど・・


それでもほんのひととき・・・

苦から解放されている自分がいることに気がついた

瞑想できている瞬間である

瞑想の意味がやっと分かったよう気がする

瞑想とは簡単に言うと何かに集中している状態であると思う

今、目に前にあるやるべきことにとことん思考を集中させるのだ

その際、余計な期待や中途半端な夢や野心なんかが芽生えてくると

目に前にあるやるべきことに集中できなくなり、

自分のやうべきことが散漫になると、瞑想状態が切れ、

不安や恐れといった心が芽生えてくる

そんな心が芽生えてくると肉体的苦痛もより憎悪してくる・・

瞑想とは・・

目に前にあるやるべき事にとことん思考を集中し、

そして周囲(現代ならメディア)から入ってくる自分のやるべきことを

ブレさせるような情報に惑わされず、一度決めた目標に向かって

ただひたすらに、粛々と思考を集中し、そして行動する

そんなことが僕にとっての「瞑想」ではないかと感じている

瞑想とは何も座禅なんかを組むことではない。

瞑想とは・・・(あくまでも僕なりに分かったことだけど)

今やるべきことに思考を集中して粛々とこなしているかぎり

歩いていようが、PCを打っていようが瞑想できている状態だと思う

そのような心の状態こそが

不安や、恐れや

更には肉体的苦痛からさえも

僕を解放してくれるのだろうということを

なぜか昨夜未明に自分なりに悟ったような気がする

最もいけない事・・

それは周囲から入ってくる雑音(情報や噂濤)に

惑わされ、自分がブレること・・