やっかいな自我

自我とは厄介なものだ、

自我があると

好きという気持ちと

嫌いという気持ちが必ずできてしまう

好きなれば

手に入れたくなり、

愛情が芽生える

そして手に入れることが

できないと欲しい、欲しいと

手に入れられないと苦しむ

そして一度手に入れると

または愛情を持つと

これまた失いたくなくなる

失う事を極端に恐れてしまい

これも苦しむ・・


そして、最後に失う(どんなものでもいつかは必ず失う それが諸行無常


と喪失感に嘆き、悲しみ苦しむ


今度は・・

逆に嫌いになると

おのずと遠ざけたくなり

sこには怒りの刄(やいば)が芽生える

そしてそれは

敵意や、憎しみへと変わったりして

自らも苦しむ、、

好きになっても

嫌いになっても

結局は自らの心の生み出す感情に苦しむ

自我なんて

本当に厄介なものだと思う。