5年間痛いという事・・・忘れられない医師の言葉

もう・・

中枢性疼痛の痛みが始まってから5年(正確には4年6カ月)だ・・

こんな痛みが5年続くとうことがどういうことか

想像すらできていなかった

でも恐怖でもあった

なぜなら予測はできていたから・・・

少なくともこの痛みが

いつ終わるか分からないということだけはは理解できていた

ある医師の言葉で・・


この痛みが始まったのは脳出血で倒れ、

急性期病院(倒れた直後運び込まれICUで応急処置をされた病院)を退院し

回復期病院(いわゆるリハビリ病院)に入院しリハビリをして

約5カ月くらい経過した頃からだった

実際、この中枢性疼痛というやつは

脳卒中発症当初から出る場合もあったり、

脳卒中発症後半年から1年、2年経過後出る場合もあり

正確には分からないらしい

初めはこの痛みが

いったい何の痛みか自分でも全く理解すらできなかった

表現さえも不可能だった

ただ、左半身が不快な痛みで苦しい

としか言えなかったように覚えている

これが中枢性疼痛というものだと分かったのは

ずっとあと(リハビリ病院を退院後)になって自分で勉強してからのことである

たぶん医師には分かっていたのだろうと思うけど・・

担当医には

そんなことでリハビリができなくては回復できませんよ

というヤケに冷たい言葉を言われた記憶がある。


そんなとき

僕の担当医が変わった

若い女医だった。たぶんまだ20歳第前半だろうと思われるくらいの若さだった

彼女に当時自分を襲っている「不快感」を訴えた

彼女はそのリハビリ病院が提携しているある大学病院から赴任してきたのだ

その大学病院は脳卒中のあるリハビリ方法の研究で有名な大学病院でもあった

そんな病院から赴任してきたのだから

僕を襲っている「不快な痛み」についても何か対処してくれるだろうと思い

自分なりの表現で辛さを訴えた・・

そのときに帰ってきた言葉が未だに忘れられない

「難治性の疼痛ですね。私はこれまでにその痛みに耐えきれず精神的に破たんし、廃人のようになってしまった人を何人もみてきました」

この言葉は僕にとって衝撃だった・・

その前後の言葉は全く覚えていない

だからどうすればよいというようなアドバイスは無かったような気がする

「廃人のようになってしまった人を何人もみてきました」

この言葉だけが僕の頭に今でもハッキリと残っている。。

それでも僕は今、、何とか「廃人」にならずに生きている・・

たぶんそれは 今から考えれば

耐えきれない痛みという苦しみを乗り越えるために

精神的に破たんしないよう本能的にネガティブに対抗するポジティブな思考を持つよう

それでプラスマイナス=ゼロにしようとするかのごとく

無理やり希望とか、志だとか言って身の程に合わない目標を持ったりしたんだろう

その結果、良いのか悪いのか

今、様々なj環境技術や再生可能エネルギーの事業案件

が僕ののもとに舞い込んでいる・・

皮肉である・・

5年間痛い・・・そしてその痛みに何とか耐えてこれた・・

我ながら人間って強いものだと思う。。

それにしても忘れられない言葉である・・

「廃人のようになってしまった人を何人もみてきました」