犀の角のように歩みたい・・・

原始仏教の教えで有名でだけど

犀の角のように独り歩め

という教え・・

これは・・

交(まじ)わりをしたならば愛情が生ずる。

愛情にしたがってこの苦しみが起る。

愛情から禍(わざわ)いの生ずる

朋友・親友に憐(あわ)れみをかけ、

心がほだされると、おのが利を失う。

そこに「苦」が生じる

親しみにはこの恐れのあることを知り

ただ犀の角のようにただ独り歩め。

という


だから仲間も組織も


或いは家族でさえも捨て

ただひとり人生を歩め

というのだ・・

でも、

今の僕は人の支えを必要する身体に

なってしまっている

それでも

ひとり歩まねばならぬのか

所詮人間はどこまでいっても一人・・


本当に心の底から分かり合えるなんてことはない


だからといって「孤独」というわけではない

「人は支えあって生きている」ということは

すなわち「人はそれぞれ、一人ずつ」ということ

そして

人間は、

産まれるのも1人、

病気で苦しむの1人、

死ぬのも1人、

所詮、皆1人

だとしたら

お互いひとり

支えあって生きていかなければ

生きていけない中でも

心の中だけでも

犀の角のように独り歩む

という

心構えを持つべきなのだろう

でないと

この厳しい世の中・・

こんな障害者・・

生きていけないのような気がする