黄金の左腕?とベテランスイマー

ピッチャー左投手!

振りかぶり

第1球投げました!

ストレート!

バッター空振り三振!

あかんな~

パパの球を空振りするようでは

まだまだやな~

と僕が小学生の息子に言っている

次は単水プール(25mプールの事)

コース台に上り、

最近流行り?のクラウチングスタート

ヨーイ GO!

25mを12.5秒でターン!

50mを27.8秒でタッチ!

息子が5秒ほど遅れてタッチ

まだまだパパにはかなわないな!

50m27.8秒といえば、約35年前

僕が中学生時代、水泳部のときの

ベストタイムだ!

まだまだ僕もイケるやん!



・・・・


やっぱり、  夢

だった、、

左利きでいわゆるサウスポーだった

左腕もやっぱり動かない、

左半身も、、動かない、




やっぱり痺れて痛い

こんな夢を見て

夢だったと気付いたとき

酷く落ち込み。深い悲しみを感じる

ベッドから起き上がる気にもならない

障害を負ってから

もう5年も経っているのに・・である

未だに過去の自分に囚われている

自分が悔しく、腹立たしい、

どんなに障害を受け入れようと

努力し、受け入れたつもりでも

僕の潜在意識の中には

きちんと健常者の頃の自分がおり

そして、

それこそが

「本来の自分」だ

と主張している

だから苦しい

中途障害者なんてこんなもんさ

それでも、現実は思うようにならない

歯痒さといつも闘っている

誰にもわからない

言っても理解されないから

誰にも言わない

健常者には

ただの弱音にしか

聞こえない事がわかるから

何も言わない

声もあげない

あげなかった

いや、理解できるようにあげられない

原爆症、らい病患者、等々、、

様々な難病患者も

そんなものかもしれない