他人事ではなくなったから・・

脳出血を起こして

半身不随という障害者になって

その苦しみを味わってわかったこと



それは


死ぬことよりつらい「生きる」


というものが存在するということ


そしてそんな辛い「生きる」の中で生き続けている人がたくさんいること

そういう人が過去にもたくさんいたこと

僕なんかよりはるかに苦しみながら生き抜いている(いた)人たちが・・

それはぼくのような病気で苦しんでいる人たちだけでなく、

今も中東などの紛争地帯における残虐行為により

苦しんでいる人々も含めてである・・


そして僕は今やっと、そういう苦しんでいる人たちのことを、

少しは自分の事として捉えることができるようになったような気がする

僕自身が生きる苦しみというものを少しは知ったからかもれない


そして釈迦が言ったという人間の人生は苦しみに満ちているという意味の

一切皆苦という言葉が

今の僕のこの身に

この心に染みる・・

それまでの僕は、どこかそういう人の事を聞いても、

ニュース映像なんかで見ても

心のどこかで他人事だったような気がする

でも、今は、そういったニュースを聞くだけで

自分の胸が締め付けられるほどの辛い思いを感じる事が多い


病気を通して少しはマシな人間になれたのかもしれない

辛いことが他人事ではかったから、、

やっと・・