視床痛(別名:中枢性疼痛)という終わりのない拷問

僕はいつも(24時間365日)視床痛(別名:中枢性疼痛)に苦しめられているが

この疼痛は残酷だと思う

痛みは左半身一枚表皮を剥がされ、風に吹かれているような激痛だ。

痛みの程度そのものは、もっと激しい痛みもあるのだろうけど、

それでも残酷だと思う

なぜなら、

例えば癌の末期の痛みは相当なものらしいが

(親戚で4人も癌で亡くなっているのである程度わかるのだけど)

癌の痛みはたいていは塩酸モルヒネで抑えコントロールできるそうだ、

ところがこの視床痛はモルヒネは無効だ。有効な対策がないのだ。

かろうじて

(理由は分からないが)坑うつ剤か坑てんかん剤が稀に効果があるようだ

ということしか分かっていない

だから現実には治療法がないと言って良い

何が残酷かというのかと言えば

前述の癌の痛みは激痛と言えど、

痛みの終わりは「死」というカタチではあるけれども、

痛みの終わりは来る

しかし、こ視床痛、、

視床痛は損傷した脳が異常反応しているだけで、

痛みの感じる部分は身体的には何の異常もない

だからどんなに激痛でも死ぬ事はないという

つまり、この激痛はいつまで続くのか全く分からない。

だからと言って自ら死を選択する事も現実的には困難を極める

私の知人でも激痛に耐え切れず、

自殺未遂を数回くりかえした人もいる

その人マンションの屋上から飛び降りようと、

屋上まで上がったのは良いものの、

半身麻痺だから、高さ70cmほどの柵を

どうやっても乗り越える事ができず断念したという。


そして彼は今も視床痛に苦しみ続けている


死ぬ事さえできないという事は

この激痛に半永久的に耐えなければならないという事だ。

この苦痛は

無期懲役ならぬ、

無期拷問だと思う

終わりのない拷問

なぜに

こんな苦しみを味合わなければはらないのだろうか


こんな状態からも釈迦の言う

生きるという事は「苦」である

という

一切皆苦という言葉を

おこがましい事だけど

僕は自らの身体で実感している気になるのだ