タイミングがすべて、、

ビジネス、人間関係、、

人が生きていく上で

それらをうまく進めるようにするためには、、

すべてはタイミングだ

少なくとも僕はそう考えている

そのタイミングを逸すると、

或いは

タイミングが悪いと

どんなに努力をしていても

それらの努力はすべて水の泡となる

だから、

ここがタイミングだと

判断したときには

それが

どんなに急を要する事であっても、

どんなに苦しい事であっても

そのタイミングに

「コト」を起こせるように

そして「行動」ができるように

準備、段取りしなければならない

僕にとってのそのタイミングが

先週の上京だったと思っている

僕がそのタイミングを感じたのは

その4日前だった。

でもこのタイミングを

逃すわけにはいかない

そう考えた僕は

急遽、

東京のファンドマネージャー

アポを取り上京した。

僕の勘は的中したと思っている

これまで取り組んできた

再生可能エネルギーに関する

活動のすべてがつながった。

情報、
再生可能エネルギー技術メーカーとのつながり、
海外の再生可能エネルギー関連人脈とのつながり

資金調達のためのファンドマネージャーとのつながり

すべてが先週の上京時に一点につながった感じだ。

そんな予感がしたからこそ、

半身不随の重い身体を引きずって

東京まで赴いたのだ


その結果、

これまでは夢や理想でしかなかった

僕の志のひとつが、

初めて「形」になりそうなのだ

ファンドマネージャー自身も

この案件は「形」になるでしょう

と言ってくれている

このファンドマネージャー

こんな風に言ってくれる事は稀だから

今回こそは本当に「形」になると信じたい

こんな身体でも・・








iPhoneからの投稿