苦しいからこそ、、

毎日が苦しい、

不自由で、、

やりたい事もロクにできない

大した事ではない、

単に左手で御茶碗を持って

ご飯を食べたいだけ、、

左手で御茶碗を持ってお茶漬けを

もう一度食べたい

別に遠方へ旅行したいわけではない

自宅の近所を普通に(のんびりと)散歩したいだけ、

そんな事さえ許されない、、

その上、

常時感じる

猛烈な身体中の薄皮を一枚剥がされたような痺れ、

というより、これはもう激痛だ。

だから


苦しい¥・・生きる事が





だから考えてしまう


自分が何のために生きているのか


生きる意味を考えられずにはいられない


生きる意味、、


僕はいったい何のために生きているのか

生きる意味を考える上で、

僕は自分が人この世の中で

生きている自分の役割を考えてしまう


深く、深く・・

考えざる得ない

それは・・

自己主張とか



社会の中で自己顕示したいとか



そんな欲求はさらさら無い



自己の役割を探し続ける理由は



苦しい自分の心と身体を救うため、、



ただそれだけ、、


ただそれだけ、、


苦しいから・・