僕の人生、大病のオンパレードの人生だな・・

生まれて3か月で肺炎・・

38豪雪(昭和38年冬)に生まれた僕は

案の定風邪をこじらせ、肺炎になったそうな

母は子育て初心者マーク・・

赤ちゃのために室温を24度保つべきとの話をどこからか聞き

室温を24度保つために必死で石油ストーブを炊いたそうな

それで風邪をこじらせ、肺炎

死の直前まで悪化・・

医師からも

「もうダメかもしれない」と最後通告を受けたそうな

ところが奇跡の復活・・

それからというものは風邪一つひくこともなく、

健康優良児・・

ところが4歳のとき脱腸で手術・・


そして今度は中学のとき

水泳部のスパルタ指導のせいか心臓を壊す


当時の監督はタイムが遅くなるとプールのコース台に立つ部員に

竹刀でドつき回してたなぁ・・僕はそれでも一切イヤだとは思って居なかった

それどころか気持がたるんでいる僕に「喝」を入れてくれていると感謝していたものだ

巨人の桑田君が言ったように暴力?は何の役にも立たなかったと体罰を否定したが

僕にはメディア向けのパフォーマンスにしか思えないけど・・

桜ノ宮高校の問題以降、有名スポーツ選手がこぞって体罰反対論を展開・・

売名行為、。マスコミの情報操作としか僕には思えない

僕なんか練習中のタイムが遅いと

海パン一丁で石の砂利の上に座らされ往復ビンタなんてザラ・・

それでも僕は気持がたるんでいる僕に「喝」を入れてくれていると感謝していた

そんあスパルタ指導のせいで体調も良くない日にまで無理して1万メートルの練習をこなしあと


心臓発作でぶっ倒れた

この心臓発作も一歩間違えば心不全で死亡

その後、36歳に心臓カテーテル手術をするまではこの心臓病の発作に相当苦しんだ・・

発作が怖くて、お酒もろくに飲めなかった

20歳代の頃は出張先のビジネスホテルで発作が起こり、ビジネスホテルの部屋の片隅で

ひとりうずくまり・・「今日これで僕の人生は終わるのかな」などと

思いながら苦しんでいたものだ

心臓カテーテル手術後、発作は収まり

20年付き合ってきた心臓病とやっとおさらば・・


と思っていたら、その十年後脳出血。。

そして障害者・・このあと一生だ。。


この間僕は風邪なんてほとんどひいたことがない。

実際、4年前

脳出血を起こしてからも今まで風邪は一切ひいていない


僕の人生・・

身体は丈夫(たぶん免疫力がある)


でも心臓、肺。そして脳という生命にかかわる大病を経験している


日頃いわゆる虚弱体質で病気がちな人たちと


日頃は元気一杯風邪ひかずだけど

心臓、肺。そして脳などの大病を患う僕


皮肉な人生だな


大病ばかりの僕の人生と


どっちがいいのだろう・・とと


きどき思う


それにしても

人生って一筋縄ではいかないな

皆、何かの切実な問題」を抱えている


生きるって本当に難しい