死ぬまで苦しみとの闘いの旅と生きる意味探しの旅である

僕はこれからも

いや、死ぬまで

障害の不自由と痛みや痺れと、

そして障害を負ったことによって受けた

屈辱と感じた絶望との闘いであり、

その闘いに勝つために、一生、生きる意味を探し求める旅なのだろうと思う。

なぜ、自分の人生はこんな風になったのか

そして今なぜ、こんな身体で働き続け苦しみながら、

ありとあらゆる屈辱に耐えながら生きていかなければならぬのか


その答えを探し続けるだろう

その答えが見つけられそうなところ(人の元)へは

そこがどんなに過酷なところであろうと躊躇なく教えを乞いに行くであろう

なぜなら、本当の意味での心の安寧を得たいからだ

「耐える」ということで心が安寧している「フリ」をしているのは

いつか限界が来ると思うから・・・