僕でも降りることができる階段・・

僕は手摺り無しでは階段は降りることはできない。

左足が麻痺してからというもの、、

階段を降りる時、特に右足を降ろしたとき

残っている左足で身体のバランスがどうしても取れないのだ

健常者の人や普通の人は、お年寄りや障害者は階段は降りるよりも登る方が

大変だろうと思っている人が多いのではないか

実際、、駅なんかではエスカレーターなどは人が多いときや夜遅くなると

下りを止めて登りだけを動かしている事が多々ある

これが困る・・

下りの方が大変だということを理解されていない証拠だと感じる

人間は降りる方がバランスのと取り方が難しいのだ

実際高い山の登山での遭難はとんど下山時だ。


ところが・・

僕でも手擦りなしで降りることができる階段を今日見つけた!

なんと高野山でだ

金剛峰寺の階段だ・・以下の写真のような階段だった


俺はまだ生きている!脳出血・半身不随になった元IT系社長の独り言
俺はまだ生きている!脳出血・半身不随になった元IT系社長の独り言


段差は15cmほどであり通常の階段と変わらない

でも

一段の石の幅が約1.5mもある

だから一段上ると数歩歩いて、また一段上がるという

(せっかちな現代人には)まどろっこしい階段だろう

こんな階段をデパートやビルに作ろうものなら、

スペースのムダ、時間のムダ・・等々と

あちこちからクレームが来そうだ

でも

この階段なら僕でも降りることができるのだ

ゆっくりとだけど一段一段のスペースが広いので

右足を降ろしても(残した)力のない左足でもバランスが取り易いからだ


そうだ、このことに限らず、

ゆっくりやればこの身体でもできることはまだたくさんあるのではないか

と思った・・

でも今の現代社会においてはスピードが重要視されているから

そんな悠長なことをしていられない

だから障害を負うと(現代社会では)

エスカレーターやエレベータなどの)補助機械がどうしても必要になってしまうだけではないか

なんでも、もっとゆっくりやれば良いのだ

よく考えれば、

電車に乗り遅れるといって駆け込み乗車をしたところで

今の時代、東京の山手線やほとんどの都会の私鉄なら10分置きに次の電車が来る


そんなに慌てなくても大きな問題にならないのではないか。。。

そもそも駆け込み乗車をしなければならないほど

ギリギリに出て余裕がない状態にしていることの方が問題ではないのか

僕自身障害を負ってからというもの、どこへいくにも

到着しなければならない時刻の30分前には到着できるくらいに余裕を持つように

心掛けている

こうすればゆっくりしか歩けなくてもなんとかなるもんだ

階段も同じ・・

早く登り降りしなければならないと考えるから一段一段の幅を狭くしてしまう

もっと大きな幅をとっても、

それはそれで、階段はそういうものだという共通認識さえあれば、

大して大きな問題にはならないような気がするが

それは甘いかな。。(^_^;)