心のきしみ

心が軋む音が聞こえる・・

左半身が痛む度に・・

不自由で悔しい思いをする度に・・

これができるならこれもできるだろう・・

という常識が(他人も自分も含めて)通用しないことに

愕然とする度に・・

戸惑う度に・・

心が軋み壊れそうになるのがわかる

その軋みに「負けてたまるか」という接着剤で補修する・・

補修してもすぐにまた、

様々な思わぬ立ち塞がる壁に戸惑い、憂い

また心の軋む音が聞こえ始める・・

そんなことを毎日繰り返してもう4年

いつかはこんな風になってしまう気がしていたかもしれない

だって人間だから・・

人間ならいつかは老い、病に倒れ、床に臥せ死を迎える

それが少し早かっただけ・・

ただそれだけのこと・・




だとしたら、

いつこの命が消えるのか、

もう二度と身体は元に戻らないのか

そんなことに憂うともなく、

不安を感じることもなく

たとえ障害を抱えていようとも

ただ、ただ、生きている今この瞬間を

心を落ち着け、歩みたい


そうすれば、

そうできれば

心の軋みもなくなろうに・・