行楽か、、

もうすぐ、ゴールデンウイーク

世間では、国内、海外を問わず行楽ジーンズだ。

でも、今の僕にはあまり関係ない

元気な頃は、このシーズンになると

キューバダイビングの計画をしていたものだ。

沖縄、パラオモルジブ、オーストラリア、、

ワクワクしてプランを考えていたものだ。

それも

今はもうできるような身体ではない

行楽、、

巷では

京都神社仏閣巡りの旅!

北海道リフレッシュプラン!

等々の広告が飛び交う


今の僕にとっては

行楽なんて

苦痛以外の何ものでもない、、

「行く」とは、「移動」を伴う

どこかで歩行しなければならない

歩行は苦痛だ

できる事なら歩行はしたくない

僕が歩行するのは、

やらなければならない義務ややるべきであるという

使命感のようなものがあるときしかしない。

できる限り歩行は避ける

なぜなら、歩行は痺れと痛みの憎悪の原因となる上、

左脚がうまく動かず、感覚がないので、

転倒しないように

ひどく神経を尖がらせなければならず、疲れるから、、


だから

今の僕には行楽なんてもう無縁だな

ゴールデンウイークにも何も心ときめく事は感じない。



変わったな、、

こんな事から脳出血によって失ったモノの大きさをあらためて痛感するのだ

まさか

この歳でこんな生き方になるとは予想だにできなかったな

その昔、80歳近い女性がスキューバダイビングで同じ船に乗り、

重いタンクもなんのその、思い切りダイビングを楽しんでいる姿を見て、

僕も80歳超えてもスキューバダイビングをやっていたい!

なんて思っていた

自分が可笑しい

人生

一寸先は闇とまでは思わないけれど、

一寸先は何が起こるかわからな

とはしみじみ感じる







iPhoneからの投稿