僕の生きる理由・・

僕は今何を支え生きているのだろう

ふと、そんなことを考えていた・・


半身不随という障害者になってしまった今の僕には

以前持っていた「生きる楽しみ」・・(いわゆる娯楽というやつ)の99%は失ってしまった

ちょっとした観光や旅行。近所の散策でもよい

そんな小さな楽しみさえも今の僕には苦痛でしかない。

何事にも「楽しむ」なんていうことは不可能に近い

そもそも僕にとっては

歩行移動だけで半身が猛烈に痺れ激痛が走り、激しく辛いのだから・・

散策ですら「楽しみ」なんてものではない。

もちろん、身体を動かす楽しみ(いわゆるスポーツ)は100%できなくなった

そんな「生きる楽しみ」をほとんど奪われている今、僕は今何を支え生きているのだろう

考えた末に出来てきた一つの結論・・

それは「使命感」のようなモノである

それは簡単に言うと

「自分が必要とされているかどうか」

である

必要とされているから

そこへ行く(身体が痛くても移動する)し

必要とされているから

全身が痺れて(痺れが酷い時には健常な半身側まで痺れが回る)横になっていたいけど、

打ち合わせにも出席する

誰かに必要とされているから

心に鞭を打って無理もする

そして決して弱音は吐かない

重要なのは>必要とされているかどうかである

つまり、まだ僕が

「役に立つ人間」であるかどうか

なのだ


それが「使命感のようなもの」となり、僕の心を突き動かし、

「辛くても生きろ!」

と自分自身には発破をかけるのだ

だから僕はいつも

「自分にまだ役に立つことがあるかどうか」

いつも探し求めていると思う

そして必死の思いで「これならできる」と思った事はすぐにでも行動に出る

身体がどんなにつらくてもそういう行動していないと

僕の生きる支えである「使命感のようなもの」

が消滅してしまうような気がするから・・

だから急ぎもする。思い立ったらすぐに性急に動こうとするのだ

もちろん性急といってもこんな身体だから、

実際にはトロいと思われるかもしれない動きだけれども・・

今の僕の生きる理由はそこにしかない

と僕は感じている


僕は、

いわゆる健常者の頃のような「生きる楽しみ」は

ほとんど捨てた・・

そんなものは僕にとって生きる支えにはなりはしないから・・