脳卒中の後遺症である視床痛(中枢性疼痛)って辛くて当然なんだよな・・

以下の文献は疼痛と自殺傾向の有無および程度を調査分析結果だそうです

Is Pain Associated with Suicidality in Stroke?


それによると・・

発症後3ヶ月の脳梗塞患者496人について、

疼痛と自殺傾向の有無および程度を調査し、関連を解析した結果次のようになった。

・7.5%(37人)に自殺傾向が見られた。

・自殺傾向があるグループの疼痛経験者は60%、自殺傾向がない場合は38%だった。

・また、その平均疼痛レベルは6だった。

・他の要因を考慮に入れると、疼痛レベルが4以上になると自殺傾向が高くなった。


ということらしい


脳卒中患者の疼痛対策が、自殺を減らすことになるかもしれないということだ

この結果をみると、脳卒中の後遺症である視床痛(中枢性疼痛)って辛くて当然なんだよな

っても思う

日本でも、(医療者側も含めて)もう少し疼痛への理解と対処方法の研究を進めて

欲しいと切に願うのである