発送電分離・・

久しぶりに体調に余裕があるので再生可能エネルギーの記事を書いてみよう

最近、「再び」脱原発再生可能エネルギー普及のための発送電分離論議が高まっている

確かに発送電分離によって送電網を自由に使えるようにすることで新規発電会社の参入を容易にし、

競争原理が生まれ、再生可能エネルギー普及に繋がるだろう

でも、再生可能エネルギーの場合、風邪や天気に影響されるものだからどうしても供給が不安定に

なるという不安がふ払拭できない(これは今の電力会社も言っているが)

それを唯一解決できるのが蓄電池だ

しかも大容量で長寿寿命の・・前にも何度かこのブログの記事で紹介しているけど


レドックスフロー蓄電池というものだ。

この蓄電池の普及を早急に急ぐべきだ

福島源原発の事故でも一番の大きな問題だったのは原子炉冷却のための「電源喪失」だったのだ

これに対して全国各地(市町村毎に)にこの大容量で長寿寿命且つ安全なレドックスフロー

蓄電池を配置しておけば緊急時の「電源喪失」のような事態を抑止できる。

そのためには

今議論されている発送電分離による発電会社と送電会社の分離だけでなく

蓄電会社が絶対必要だと思うこの蓄電会社は送電会社と結合して発電会社と送蓄電会社

への分離が必要だと思う

だってこれからの世の中、車だってガソリンのような化石燃料で走る車ではなく

電電気自動車が増々普及するであろう

だとしたらガソリンスタンドならぬ「充電スタンド」の普及が必要になる

そうなると「充電スタンド」には蓄電池(特に大容量の)の存在は重要なファクターになる

だから何度も記事にきているけど再生可能の普及の肝は発送電分離ではなく

(これも必要だが)蓄電池の充実だと思う

だって大容量蓄電池(以前書いた大容量長寿命蓄電池の記事こちら)さえあれば、

どんなに小さな(且つ不安定な)発電でも

発電した電気はムダなくその蓄電池に貯めることができるのだから・・

なのに蓄電池の話題はほとんど出てこないように思える

(単にメディアが流していないだけなのかどうか知らないけれど)


蓄電池の論議無しで脱・原発再生可能エネルギーの普及が実現できるとは思えない

このような全国各地への大容量蓄電池の設置は民間企業では無理がある

これこそ国家事業として国家のビジョンとしての公共投資としてやるべきだと思う

アベノミクスが今湧いているけど、その中の公共事業のバラマキ施策をしているようだけど

相も変わらず、道路工事が多いように見える。

特に最近ちっちゃな道路工事が増えすぎているるように見える

そんな小手先のしかも(従来型の道路補修のような)公共事業ではなく


今こそ全国の全市町村に大型蓄電池を設置するといようなこれからの先端技術を使う

大規模な公共事業投資をすべきときではないかと思うのだ

そうすれば先端技術を利用する公共事業なのなだから、

それに参入するための新規の企業が生まれる

そうすれば、(土建屋のような会社の雇用ではなく)新規の事業が

雇用も増大し、そこには競争原理(価格競争ではなく技術開発競争)が生まれ

経済が活性化・・すると思うのだが・・

今は金融緩和するという「期待」だけで為替と株価だけが好転しているけど

これではマネーゲームに勤しんでいる

金融屋(しかも一部の為替ディーラー)が儲かるだけで

日本の未来を担うモノ作り会社(エンジニアリング会社)の

業績は好転せず。一時的なカンフル剤に過ぎず、

このまま再び景気低迷へと向かってしまうのではないかと感じるのだが・・・