脳の損傷による障害に「慣れる」事はない

ときどき、

早く障害に慣れて頑張ってね・・

などという励まし?の言葉を聞く事がある

そんなとき

少し悲しくなる

この半身麻痺という脳の損傷による障害に慣れるなんてことはあり得ない

分かってもらえないな・・



考えてみた

なんで「慣れ」ないんだろう

最近ようやく一つの答えがでてきた。

「慣れる」とはなんだろう

「慣れる」ということは

つまり「環境適応する」ことではないか

人間にはこの環境適応力がある

この環境適応力こそが人間の脳の能力ではないか

だとしたら、脳を損傷した僕は

この環境適応力も失ってしまった

だから「慣れる」ことができないのではないか

そう考えると身に覚えがあることが多々ある

半身麻痺になった当初僕は階段なんて到底登れなかった

歩くことさえもできなかったのだから当たり前なんだけど

必死のリハビリの結果、病院のリハビリ室にある

せいぜい5段ほどだけど練習用の階段は

登れるようになった

やっと階段を登れるようになったと喜んでいたけど


いざその病院の普通の階段登ろうとすると

なんと登れない!

なぜか・・

階段の段差が微妙(せいぜい1cm)に違うからだ

その微妙な段差の違いによって

足を上げる高さが分からないのだ

これは今でも同じだ・・

自宅の階段の登り降りは手摺りを持ちながらなら

なんとかできるけど

駅などのちょっと段差の違う階段は

足の動きを目視しながら

キチンと段差の上まで足が上がったを確認しながら

でないと登れないのだ

つまり少し環境が変わっただけで

環境適応できなくなっているのだ

片麻痺の人がよく階段で転倒して骨折するのはそのせいだと思う


だから、僕はいつまでもこの障害に

「慣れる」ことはできないのだろう

そしてあらゆる環境に対しても「慣れる」ということは

いつまでもとてつもなく難しいのだろう

左脳は損傷していないから、障害を負って以降

右手は片手でいろんな事ができるようになり

どんどん環境適応している

今、こうやってキーボードを右手片手だけでタイピング

するのだって右手の動きは随分早くなった。。

皮肉だな・・

脳を損傷することって厄介だなって思う