精神の廃用症候群にならないために・・

廃用症候群・・という「病?」がある

廃用症候群とは・・

安静状態が長期に渡って続く事によって起こる、

さまざまな身体の機能低下等を指すらしい・・


つまり、長期入院とか、病気で長期に寝込んでいると

安静にしていることで身体の機能を使わないため、

良くなるどころか、逆に身体機能が低下するのだという

最悪の場合、身体機能を無くしてしまういかねない

これって精神にも当てはまると思う。

イヤな事や辛いことが続き、精神的に疲れてしまい

心を癒すためという理由で、

静かなところで精神養生し、

リフレッシュしたいというようなことを誰しも考えることがあると思うけれど

静かなところでひとりひっそりと過ごすよいうようなことは

逆に自分を弱くしてしまうのではないだろうか

人間、人との関わり合いの中で精神が鍛えられ、成長するのだと思う。

辛いからといって

とりひっそりと過ごし、人との関わり合いを遠ざけてしまうと

それこそ人との関わり合いの中では必ず起こる諍いや、トラブル対する対応力や

忍耐力というような精神機能が低下してしまうのではないだろうか

僕自身、障害を負った当初、この現実を受け入れられず、

一日中ベッドの上で寝込んでた時期がある

ひとりベッドで寝ているとホッとする反面

ネガティブなことばかり考えてしまったものだ・・

精神は人との関わり合いの中で鍛えられ、成長していくと思う

障害者となったこの身体で、積極的に人と関わり合うことで

自分自身の障害に対する心の持ち方まで鍛えらると思う

いや、精神は人との関わり合いの中でしか、鍛えられないのではないか

そんな意味で

僕は

辛いときこそ、人と関わり合うようにしている

できるだけ、新しい人に・会ったことがない人に会い、

人と関わりを持つようにしている。

すると不思議なことに自分の心に新たな刺激が加わり、

それによって沈滞していた僕の精神を活性化させれるように感じるから・・

人間やっぱり「ひとり」はいけない

「人との繋がり」にこそ生きている意味があるとあらためて思う

「人との繋がり」を切ることは一見、

心が楽になるように思うかもしれないけれど

実は心の廃用症候群にかかり、

やがては「心の機能停止」に陥り、

結果として生きる意欲さえ無くしてしまうと思う