不快

今日はヤケに不快だ

左半身全体が不快の塊のようである

身体がこれだけ不快だと

心まで不快になる

こうなってくると左半身の存在自体が苦しい

いっそのこと切り落としてほしいと思うくらいだ

重い、とにかく重い

何の役にも立たない約7kgもの手がぶら下がっている


ある人は

切断して腕の無いに比べたら腕が

あるだけ良いなどと言う

無理解極まりない・・

何の立たない約7kgもの重さのモノが

常時肩からぶら下がっている

そしてそこには不快感の塊がある

苦痛以外の何物でもない

これのどこが良いというのだ

いっそばバッサリと切り落としてほしいと思う

邪魔なのだ

分からないだろうな・・経験のない人には

この不快の塊の存在・・