「自己犠牲」はネガティブ思考だろうか

今年に入ってから僕は度々「自己犠牲」をテーマに記事を書いている

そのせいか、最近のネガティブな記事が多いですね・・

というコメントやメッセージを頂く

「自己犠牲」という言葉の語彙からくる暗いイメージなのだろうか

でも僕は時分では決してネガティブになんかなっていないし、

この言葉が人をネガティブにさせることはないと思っている



「自己犠牲」とは

僕の解釈では「己を捨てる」事だと思っている

僕のブログの冒頭に僕自身が気持ちを強く持つため・・と題して

書いている文章の中の「無私無欲」とほぼ同じだと思っている

人が苦しむ根源は己(つまり自我)が存在するからだと思う

自我があるから、悲しみ、怒り、憎しみ、、といったような感情が出てくるのだと僕は思う

自我はいわゆる仏教で言う「煩悩」の根源だと思う。

それゆえ、自我さえ捨てることができれば、悲しみ、怒り、憎しみ、、

といったマイナスの感情をも捨てることができ、

どんな事象でも冷静に観ることができ、そして粛々と進めることができる

いわゆる「心頭滅却すれば火もまた涼し」である

自我さえ捨てることができれば、

障害の物理的な痛みや苦しみにさえも「勝つ」ことができる


そして僕は自我を捨てることができた方が人はある意味「前向き」な行動になれると思っている

自我・・

そのなかには個々の「こだわり」や「思い入れ」が存在する。。

ほとんどの人間が大なり小なり持っていると思う

僕の場合、

健常者の頃、水泳が得意で体力があったとや、スキューバダイビングが好きで、世界中のいろんな海を潜った経験があり、

そんなことができる自分が

自分の「こだわり」や「思い入れ」だったと思う

いわゆる「自分が自分であるためのステータス」のようなものだったと思う。

でも

こうやって半身不随の障害者になってしまうと、

それら自分のステータスだった事は全てできなくなった

そんな自分の「こだわり」や「思い入れ」を持てば持つほど、それができなくなった自分が

息が苦しくなるほど悲しく、怒り、病を憎む思いが心の中に広がり苦しんだ

だから僕は「無私・無欲」でありたい、

自我を捨てそんな「こだわり」や「思い入れ」を捨てれば、過去を振り向き続けて、苦しむこともなく、積極的に生きることができるのではないか

そう思っている

そんな思いで僕は「無私・無欲」になり、自我を捨てることにこだわっている

所詮、僕も生身の人間、、

自我を完全に捨てることなんて不可能な事は分かっている

だからこそ、すこしでもその境地に近づきたいと思っている

そんなことを日々考えている中に三島由紀夫の本に触れ

「自己犠牲」という言葉に出会った


この言葉を読んだ瞬間に「無私・無欲」に一致するものがあると感じた


だから最近「自己犠牲」というテーマの記事を多く書いているのだと思う

そんな意味で、「自己犠牲」という言葉は少なくとも僕の中では決してネガティブではない

その言葉で少なくとも僕は、障害の苦しみの感情をどこかに追いやることができ、ある意味前向きに行動できるのだから・・

それが僕なりの「自己犠牲」という言葉の解釈だ