ニュートラルな心と身体

片麻痺という障害は

身体をニュートラルにする事が

とても難しい、、

「麻痺」という語彙から
健常者の方は
「身体に力が入らない」

というようなイメージを持つ人は
多いと思うけど、

むしろ、全く逆だ、

よく、片麻痺の人で、腕がくの字にまがっている人を、みかけた事があると思うけど、

これは脳が損傷した結果、

脊髄反射が優位に強く出てしまい、


身体をニュートラルな状態にできないのだ。

これって人間の心も同じではないかと思う。

障害者、健常者に限らず、人は心をニュートラルな状態に保つ事は実に難しいと思う。

ありのままを自然体で受け止め、

自然体で認識できる人は少ないのではないか

常に己の狭い経験と知識による偏った

自分勝手なこだわりとか

自分勝手な思い入れとか

偏見とか

もしくは人によっては

自らの大なり小なりのトラウマの上で


物事を偏って認識してしまいがちだと思う。

僕は片麻痺だから身体をニュートラルにする事はとても難しい


だったら、

せめて心はニュートラルな状態を保つ事を心掛けたいものだと思う