できなくなった事にあえて目を向けよう

片麻痺の障害者になってからというもの

いろんな人からえ心前向きになるためには

「できなくなった事に目を向けずにできる事に目を向けた方が良い」

というような助言をされてきたけれど、


僕は今年、できなくなった事にあえて目を向けようと思う


なぜなら、

できなくなった事に目を向けずにいると

いつまでもできないままだから・・

あえてできなくなった事に目を向けることで

この身体でできるようにするためにはどうすれば良いか

を考えたいと思う

それがあらたな知恵に繋がるのではないか

できないからといって諦めてしまうと

本当に一生できないままになる

できるようにするためにはどうすれば良いかを考える事が

知恵ではないか

人間であるのだから、

できない事にも知恵と工夫で乗り越えたい。

皆が無理だと言っても自分だけは諦めず、できるように知恵を絞りたい


自分があきらめたら、本当にそこで終わりだから・・


さて、何から挑戦するかな・・