男の生き方、、そして人間の生き方

---------------------------------------------------
決して刃向かったり、対抗したりして
はいけない。それはかれらの思う壺に
はまることだ、火を放たれたら手で揉
み消そう、石を投げられたらからだで受けよう、斬られたら傷の手当てをす
るだけ、どんな場合にもかれらの挑戦
に応じてはならない、ある限りの力で
耐え忍び、耐えぬくのだ、、
--------------------------------------------
今の時代にはそぐわないかも知れないけれど、、

良い言葉だと思う

山本周五郎の小説の一節だ。

そして今の僕の心に染みる

この言葉の相手は自分の障害であり、僕を見る周囲の人々、そして僕を見る自分自身だと感じる


iPhoneからの投稿