自己犠牲の覚悟

昨日の記事で「自己犠牲」ということについてな長々と書いた

そして今、2013年1月1日午前0時を回った・・

僕ももう50歳である・・

人生の半分でもあり、大きな節目の年だ

今年の僕のテーマは

「自己犠牲の覚悟」だ。

それは何も悲劇のヒーロー気取りをしたいというのではなく、

「自己犠牲の覚悟」を持ち、


それが男としての、

いや人間としての

美学であると思うことにより、

障害を負って、辛く苦しい今の自分が

決して理不尽な人生ではないと思え、

結果として、怒りや悲しみや憎しみといった感情を

抑え、心の器を大きくでき、心おだかになれ、

心の安寧を得ることができるのではないか

そう思うから・・ 

どんなに苦しいときも、

どんなに悔しいときも

心穏やかでいたい

ただそれだけが望み・・

だから

自己犠牲の覚悟を持ち、

自己犠牲こそ人間としての最高の美学であり、哲学であると思いたい

何よりもこの障害が苦しいことを盾に

泣き言を言いたくないから、、

いつまでも心を強くありたいから、、