洞察力の向上?・・・

脳卒中になってからというもの・・

人の心の動きにとても敏感になったと感じている

それは「人の心が読める」というと語弊があるかもしれないけれど・・

人の発言がや表情からその人の「本心」のようなものが透けてみえるのだ。

それは霊感とういったような存在もしないくだらい能力ではなく、

洞察力とでも言えば良いようなものだと思う。

よく自閉症(特にアスペルガー症候群)の子供は人の心に対する洞察力が

常人よりも優れていると聞く、「何でお見通し」だという。

それゆえコミュニケーションがうまくできないのだと・・

それは脳の一部だけが特に優れた能力を発揮していることに他ならないと思う

僕の場合、脳の一部を損傷した結果、別の脳の箇所が発達したのかもしれないし、

障害者という劣等感から人の目を気にするようになっただけかもしれない。

どちらかは定かではないが、

いずれにしても、

あ人言動と、その人の言動前後の行動が

僕の中で妙に一致しないというか不自然・・

と感じることがとても増えてきた。。

その人の「欲」が見えてきたり・・である

妙に敏感になったと感じる今日この頃なのだ。

そしてそれは人間としての基本的な機能を失ったことによる

自己防衛本能のようなものから生まれてきた能力

のようなものかもしれない・・

なんて感じる

良いなのとか、悪いことなのかわからないけれど・・