8歳の戦友の優しさと勇気

僕には勇気ある小さな戦友がいた

これまで誰にも話さなかったけれど・・

僕が再出血予防のための脳手術のため入院していたときだった

同じ病棟にいたある8歳の男の子

僕は彼を「戦友」であり、勇気あるライバルだと思っている

同じ病気だったかどうかは定かではないけれど、

彼も手術を控え入院待機していた

その8歳の戦友は、普段甘ったれた「ママ!」が口癖の男の子でした

いつもママの背中でしかものが言えないような子供だったのに

長くつらい入院期聞がその子を成長させていたのか、その子の手術が決まった日、、

手術台に向かう廊下から先は家族の同伴は認められていないことを知っていたかどうかは定かでないけれど、、

その男の子はママに向かって

「この先はボク一人で行く。ママ、心配しなくてもいいからね」

と言って微笑んだと聞きました。

この話を聞いたとき、同士である僕は思わず涙しました。

一言でも褒めてあげたい。同士たちは皆、そう考えていたはずです

残念ながらこの小さな「戦友」は、術後に意識を取り戻すことなく亡くなりました。

でも、彼の勇気ある優しさは今でも私の心の中で生きています