今朝の自分にウソも誇張もない

今、痛みが和らいだ自分から今朝の自分を見つめると不思議に思う

なぜ、

あれほどまでに絶望感に見舞われていたのか・・

今となっては自分でもわからない

不思議なものである

そんな自分に、

あの山本周五郎さんの「落ち葉の隣り」の小説の以下の一節を思い出す。。


---------------------------------------------------------------------------
「死んじまいたい」と思いつめるそのときの気持には嘘も誇張もない。

ぎりぎりいっぱい、死ぬよりほかにないと思うのだが、そのときが過ぎて

しまうと気持もいつか変ってゆき、そんなに思いつめたことがばからしくさえなる。
---------------------------------------------------------------------------



これはまさに今朝の自分と今の自分だ・・


自分から見ても今朝の自分はおかしかったと思う。


痛みとは恐ろしいものだ・・


人の心をそこまで絶望感に陥れてしまうのだから

今思うと・・

自分のことでさえ分からないのに

他人様に分かってもらおうとする事に無理があると自分でも思う


ただあの泣き言だけは家族には言いたくなかった・・







最後に・・

今朝の記事にコメント頂いた早乙女純さんへ

潜水服は蝶の夢を見る」という映画

一度観てみますね

元ダイバーだったし・・